» 夫の浮気発覚後の夫婦関係修復
 » 夫の浮気発覚後の夫婦関係修復

離婚回避法、夫婦円満の秘訣、セックスレス解消する知恵を聖書から

夫の浮気発覚後の夫婦関係修復

夫の浮気発覚後の夫婦関係修復

妻以外の女性と関係を持ってしまった。

 

浮気が発覚し離婚したいと言われている。

 

何とかして離婚を回避し、夫婦関係を修復したい。

 

あなたがこのように考えておられるなら、この記事が役に立つと思います。

 

聖書の言葉から、浮気発覚後の夫婦関係修復について考えてみましょう。

 

わたしもあなたにさばきを下さない。

 

行きなさい。

 

これからは、決して罪を犯してはなりません。 

 

ヨハネの福音書8章11節

 

夫の浮気発覚後の夫婦関係修復1:浮気は人生を破壊する

 

聖書の中に浮気の現場で捕まった一人の女性がイエス・キリストのところに連れてこられた出来事が記録されています。

 

彼女は夫を裏切って、ほかの男性と肉体関係を持っている、その現場でとらえられました。

 

旧約聖書のモーセの律法によれば、それは石打の死刑に値する重罪でした。

 

神様がこのように姦淫の罪を重いものと考えられることは、私たちの今の性的な関係を軽んじる文化とは非常に鮮やかなコントラストを描いています。

 

夫が妻との間に生涯貞節を守ってに暮らしていくことに家庭の平安、幸せがあるのです。

 

浮気、不倫、不貞は自分の人生だけではなく伴侶の人生、また子供たちの人生をも破壊する重い罪なのです。

 

夫の浮気発覚後の夫婦関係修復2:問題の根本は人の罪


 

イエスはこの女性を取り囲んで石打の刑にしようとしている人々に向かって

 

「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの人に石を投げなさい。」と言われました。

 

こう言われた人たちは、全員その場を去っていきました。

 

誰も神様の前で、完全な人はいないことがここからわかります。

 

私たちの問題の根本には、常に、神様の前における罪があるのです。

 

私たちの誰が「自分は自己中心の罪から自由で、完全な愛を持っている」ということができるでしょうか。

 

浮気の根本にあるのは自己中心の罪、そこには自分ではどうしても解決できないたましいの病があることがわかるのです。

 

夫の浮気発覚後の夫婦関係修復3:回復は悔い改めから


 

イエスはすべての人が去った後に、この女性と二人きりで残されました。

 

キリストは彼女に言いました。

 

「わたしもあなたにさばきを下さない。

 

行きなさい。

 

これからは、決して罪を犯してはなりません。」

 

神の子であるイエス・キリストは彼女の罪を赦しました。

 

死刑にされるところだった彼女を救い、新しい人生に向かって「行きなさい。」と励ましてくださいました。

 

「これからは決して罪を犯してはなりません。」と彼女に悔い改めるように命じました。

 

今までとはまったく変えられた人として、夫を愛し、家族を愛し、自分の欲望と決別してきよい人生を生きるようにと命じられたのです。

 

浮気後の夫婦関係修復に必要なことは、聖書の言うところの「悔い改め」です。

 

自分の犯した罪を嘆き悲しみつつ、絶対にもう罪を犯さないと決心すること。

 

キリストの言葉の赦しと力を信じて180度変えられた人となること。

 

あなたが夫として妻を裏切ってしまったことは、いくら後悔しても取り消すことはできないことです。

 

あなたができることは、罪を悲しみ、神様の助けとゆるしをいただいて、新しい人となる、生まれ変わった人になることなのです。

 

いかがでしたか。

 

この記事があなたのご夫婦の関係修復の助けとなることを、祈り、願っています。

関連記事

離婚回避・夫婦関係修復 5ステップ無料動画講座 「賢い女」と「愚かな女」無料動画セミナー 【小冊子】聖書に学ぶ幸せな夫婦 お試しカウンセリング

おススメの記事

;