離婚回避カウンセリング 悪い例 夫婦関係修復 | 離婚回避、夫婦円満の秘訣、セックスレス解消など ビューティフルカップルカウンセリング
離婚回避カウンセリング 悪い例 夫婦関係修復 | 離婚回避、夫婦円満の秘訣、セックスレス解消など ビューティフルカップルカウンセリング

離婚回避法、夫婦円満の秘訣、セックスレス解消する知恵を聖書から

離婚回避カウンセリング 悪い例 夫婦関係修復

離婚回避カウンセリング 悪い例 夫婦関係修復

離婚回避のカウンセリングの実際にあった事例のご紹介です。

 

その方は離婚しないでほしいと土下座をされました。

 

これは一番やってはいけないことなのです。

 

離婚したいと言われたときにやってはいけないことがある

「離婚したい」と言われたときにやってはいけないことがあります。

 

「この人とは一緒に生きていきたくない」と思われているということは、「もうこの人は自分の人生にとっては不要な人」と相手は思っているわけです。

 

つまり「この人は価値がない」と思われているのです。

 

関係を修復するためにはこの相手の視点を変える必要があります。

 

つまり、自分の価値を相手に認めてもらう努力をするのです。

 

これと反対に、やってはいけないことは、相手にとっての自分の価値を下げることです。

 

離婚したいと言った相手にすがりついてはいけない

この方がやった土下座は、相手にとっての自分の価値を下げる結果になってしまいます。

 

相手にすがりついて、相手の言いなりになったり、土下座したりすることは自尊心のなさの表れと言えます。

 

そうすると「ああやっぱりこの人はこんな人なんだ」と思われています。

 

そして、「離婚したい」という相手の願いを強化してしまうことがあるのです。

 

私たちはどんなことがあっても卑屈になってはいけない

間違ったことを真剣に考えて、謝るべきところは謝るべきです。

 

しかし、その過程で自らを貶めるようなことをしてはいけないのです。

 

「離婚したい」と言われることは、自尊心にとっては大きなダメージです、しかし、それによってあなたの人間としての価値、神様の目における価値は決して損なわれることはないのです。

 

聖書は人の価値の尊さを教えてくれる

聖書は私たち一人一人がどんなにかけがえのない、大切な存在なのかを教えてくれます。

 

旧約聖書のイザヤ書の中で神様は「わたしの目にはあなたは高価で尊い」と言ってくださいます。

 

夫婦カウンセリングの中では、その神様の愛を覚えつつ、夫婦関係の修復に取り組んでいくのです。

 

決してご自身の価値を貶めることをせずに、悔い改めるべきところは改めながら、夫婦関係の修復を目指すのです。

 

 

 

関連記事

離婚回避・夫婦関係修復 5ステップ無料動画講座 「賢い女」と「愚かな女」無料動画セミナー 【小冊子】聖書に学ぶ幸せな夫婦 お試しカウンセリング

おススメの記事

;